中低溫熱エネルギーの高効率利用教育部重點実験室

2018-11-08

中低溫熱エネルギーの高効率利用教育部重點実験室(天津大學)は、2012年1日に許可を得て設立されました。國の省エコ?環境保護、新エネルギー等の新興産業を発展させる重要なニーズと結び付け、地熱エネルギー、太陽エネルギーと工業の余熱を主とする中低溫熱エネルギーの先端的技術に力を入れ、熱科學を基として、システム科學、材料科學、環境科學等の學科において學際的な研究を展開していくことにより、天津大學の動力工學と工程熱物理學科が中低溫熱エネルギー分野にある科學研究の優位性と基幹的な役割を果たしています。さらに、エネルギーの収集、伝導、転化、応用の各部分から、中低溫熱エネルギーの高効率利用に関する科學課題について研究を進め、エネルギーの伝導と転化の中の効率、環境、経済コスト等の課題を解決するために、科學的な根拠と新たな技術アプローチを提供します。


不朽の精神の北洋大學と天津大學は代々伝わるキャンパスである

河南22选5开奖信息